メイクアップアーティストの未来は厳しい?

エステやヘアメイクなどの美容に関する職業ですが、その中でもこれから更に技術が必要になってくると思われるのがメイクアップアーティストです。何故なら、メイクは女性たちが普段からやっていることで、後ろが難しいヘアメイクや自分ではできない身体のメンテナンスとしてのエステとは違うからです。

自分でできることだからこそ、あえてメイクアップアーティストには頼まないという人も多いです。しかも、動画サイトなどでメイク動画をアップしている人が国内・海外問わずかなり多く、それを参考にできるということもあってプロに会いに行かないというケースもあります。

そんな中でメイクアップアーティストが生き残るには、その人に合ったメイクを提供する技術ではないでしょうか。一般的なメイク術や、動画の中の人がやっているその人なりのメイクではなく、個別指導としてやっていかないと需要がなくなってしまうでしょう。鼻立ち、あごの形などに沿ったサービス提供が必要です。